お食事を、安全に美味しく食べていただくために

お客様からのご意見の中に、お野菜が美味しいという意見が多く寄せられます。私達は人が健康に暮らしていくうえで、お野菜を上手に食べていただくことはとても重要だと考えています。地元で採れたお野菜や山菜が美味しいと言っていただけることはとてもありがたく感じます。
お客様へのお食事は、安全であること、健康に暮らしていただけること、そして楽しく美味しく食べていただけることを考えています。そのために自家栽培野菜や山菜、そして地元の食材を使うことはもちろんですが、食材の下処理や調理方法は特に気を使っています。
食材のほとんどの下処理は、「酸性電解水」で洗います。特に生で食べていただく食事の場合は重要です。水洗いでは付着している菌や農薬を洗い流すことはできても殺菌することはできませんので、ノロウイルスなどの食中毒が心配されます。また次亜塩素酸ナトリウムで洗った場合、希釈濃度にムラができやすく均一な殺菌効果が得られにくいうえ、残留性が高く処理時間が長いため発癌性が疑われる「トリハロメタン」などの副生物が発生しやすいのです。しかも栄養素の残存率は低くなってしまいます。「酸性電解水」は調理器具や作業台、そしてふきんや床の洗浄も行い二次汚染防止も行っています。
「酸性電解水」で下処理した食材は、一般的な「煮る」、「焼く」、「炒める」、「揚げる」、「ゆでる」、「蒸す」などの調理方法以外に「真空調理法」でも調理しています。「真空調理」は真空パック中で調味するため食材の持つ風味や旨み、そして栄養を逃がさず均一に調理できます。
お客様には調理した物しか見ていただくことができませんが、私達はこのようは方法でお食事を安全に美味しく食べていただく工夫をしています。